le jeudi soir

実録!女ひとり旅!!

4日目ー三度目の正直!シャルトルとロワール城巡り③

シュノンソー城を後にし、ロワール川沿いを通ってシャンボール城へ向かいます!

ロワール川沿いを移動していると、アンボワーズ城・ショーモン城・ブロワ城…数々のお城が目に入りました。ホントにたくさんお城がいっぱいある地域です。 

 

シャンボール城は元々フランソワ1世の狩猟小屋。小屋を改築していって、こんな大きなお城ができました。でも絶対庶民がイメージする小屋とは絶対違うんだろうな…。

シャンボール城到着~


ロワール渓谷の数々のお城はまとめて一つの世界遺産として登録されていますが、以前はシャンボール城単体で世界遺産だったそうです。

美女と野獣のモデルになってるお城。あそこまで高さはないですけど、豪華さで言ったら雰囲気はあるのかしら? それよりもRPGの世界の方がしっくりくる。

 

 

シャンボールといえばこの写真ですが…

シャンボール城

この写真は入場口とは反対側。写真を撮りたいと思ってる人はご注意を。ツアーだと行けないかもしれません。



中に入るとすぐに有名なあの階段!

二重らせん階段!

フランソワ1世がダヴィンチを招待していたので、この城の建設にも携わっていたのではないかと言われ、このらせん階段のダヴィンチ設計説は有名ですよね~。

ご覧の通り、中は観光客でごった返してます。ガイドさんのお話も、イヤホン使っていても混雑と電波の問題であまり聞けませんでしたので、ささーっと写真で振り返ります。

 

さてらせん階段ですが、ツアー参加者で二手に分かれて登ってみました!笑

向こう側に見えるのに!

分かっちゃいるけど向こう側の人に会えない!これ考えた人すごいなぁ。攻め入られても相当時間稼ぎできそう。

 

らせん階段の内側

●とか◆の黒いのが貼ってあるんですけど

テラス

離れた場所から見たときに、窓に見えるようにしてあるとか。監視してるぞアピール?

 

テラスから広大な庭園を眺める


多分ここに写ってる全部が敷地ですね。広すぎます!

ひろすぎ!!

 

わざわざ外にらせん階段作ったのは増築していったからかしら?

屋外のらせん階段

初代城主・フランソワ1世の胸像。なにこのポージング(笑)

城の主

城内にはフランソワ1世の紋章サラマンダーがいっぱい。

どこかの扉

 

サラマンダーの他に、フランソワのFもありますね。

天井まで所狭しとサラマンダー

 

雨どいの細工も凝ってました。

 

シャンボール城の見学が終わったら、ツアー終了。7:30頃出発してパリ到着まで約12時間のツアーでした!

どうしても移動時間が長くなってしまいますが、シャルトル→ロワール城巡りなんてコースは個人で行くには難しいので、ツアーに参加して良かったです。もっとお城を見学したいならロワールに宿泊するのもいいですよね!