le jeudi soir

実録!女ひとり旅!!

3日目ーお肉屋さんのタルタルステーキ

左岸ツアーだったので、ランチは左岸にあるレストランを予約していました。

ちょっとカッコよく作ってみた…(笑)

 

リュクサンブール公園でガイドさんと別れた私たち。ランチのお誘いを受けたのですが、ツアーが押して予約時間を過ぎていたり、電話があったり、トイレ行きたい等でお互いテンパってしまって、そのまま別れてしまいました。ちょっと残念。

 

レストランのあるサンジェルマン市場へ。場所はサン・シュルピス教会のすぐ近く。一昨年から工事していて気になっていた場所でした。元は常設市場があったらしいです。

そこに入っているのが、お目当ての「L'étable Saint Germain」16区に本店がある有名なお肉屋さん「ユーゴ・デノワイエ」のレストラン。

以前食べに行った16区のお店

パリに来たら絶対食べたいと思っていたのが、もう日本では食べられないタルタルステーキ。超美味しいお肉屋さんのタルタルは、きっと美味しいだろうな~と。トリップアドバイザーから簡単に予約できるのも嬉しいですね。本店の方はお肉屋さんの横で食事する感じなので、ちょっと食べづらい。だからレストランがオープンしてくれて良かったです(笑) 日本の恵比寿店も10月に再オープンしましたね!


お肉屋さんらしく?牛っぽさを強調したインテリア。牛柄のイスで牛肉を食らうって、なんだかシュール…。

牛っぽい内装

 

 

タルタルステーキとポテト・サラダのセット

セットで22€でした。ポテトがザクザク系で美味しい!フランスに限った話かは分かりませんが、じゃがいもの種類が豊富で、料理によって使い分けるみたいなので、大体ポテトは美味しい。サラダはシンプルにサッパリ。お口直しにちょうどよかった。

Tartare de Boeuf

お肉の臭みは全くなし。赤身のうま味の中に、みじん切りにされた薬味がほど良くアクセントになっていて、食べていて飽きない味。美味しかった~❤ 今度は仔牛のカルパッチョとか食べてみたいなあ…。

これだけの軽いランチでしたが、パンもあったし、最後のカフェを飲んだら十分満足できました!